Cross Cross

『卒業旅行 ニホンから来ました』
東宝・バンダイビュジュアル提携作品/企画制作・メリエス 
カラー/ビスタビジョンサイズ/98分/1993.09.04公開

メインスタッフ

監督 金子修介
製作 山科 誠/高井英幸
プロデュース 島谷能成/渡辺龍夫
プロデューサー 小林壽夫/山田耕大
原作・脚本 一色伸幸
撮影 高瀬比呂志
照明 高柳清一
美術 山口 修
音楽 大谷 幸
録音 林 大輔
編集 冨田 功
助監督 富樫 森

メインキャスト

三木靖男 織田裕二
桃山百夫 鹿賀丈史
相良令子 鶴田真由
三木三郎 小坂一也
三木キネ子 水野久美

   
   
   
   
  

『卒業旅行 ニホンから来ました』

ビデオ販売
発売元 ポニーキャニオン 税抜き15,800円

Amazon.co.jp アソシエイトでも
ビデオの
卒業旅行〜ニホンから来ました


「ロケ地のタイをバカにしていると評論家から批判されましたが、タイのスタッフは舞台のチトワンはラオスのことだと思ってたんですよ」

【ストーリー】
  三木靖男は一浪一留して三流大学史学部を卒業したぼんくら。相良令子とは2年来つき合っているが、キャリア志向の彼女にはどこかコンプレックスに近いものを感じてしまい関係は進まない。令子からみれば、物足りないようでもあり、けなげでもある…。
 就職を目前に控え、靖男は卒業旅行に出発する。行き先はチトワン王国。タイとラオスに挟まれた小国だが、古代遺跡の宝庫であり、考古学マニアの靖男にとって憧れの国だ。
 ところが一歩チトワンの首都・チトワの街に足を踏み入れてみると、どうも様子がおかしい。水上タクシーのゴンドラでは水夫がニホン語の歌を歌っているし、若者はニホン語が書かれたTシャツを着ているし、路上にはニホンの文字があふれ、そしてバザールの屋台には、松田聖子やシブかき隊・渋谷哲平のカセットが山積みなのだ。この国のは今ニホンブームなのだ……。
 靖男の前に現れた怪しげなニホン人・桃山百夫。じゃぱゆきさん派遣を主な業務にするブローカのようだ。桃山は靖男にいう「〈外タレ〉にならないか」一こんなニホン・ブームのこの国で、桃山はひと諸けをたくらみ、靖男にひと月半、アイドル歌手にならないかというのだ…「君こそスターだ」。
 数日後、靖男はチトワンただひとつのテレピ局にいた。スパンコールとヒラヒラ満載のド派手な衣装を着せられた靖男の初のテレビ出演。芸名は「−発太郎」!?「嘘つき!」と靖男は叫ぶが、桃山にマリファナとウォッカで強制的にハイにさせられ、無理やり生放送のステージに。演奏が始まる。曲は「ペッパー警部」。歌い終わって自分の醜態を消し去りたい思いの靖男だったが、テレビ局の前には一発太郎をひと目見ようと群衆が。桃山に言われ靖男が笑顔を浮かべると、群衆からは怒号のような歓声があがり、失神する女の子もいて「イッパツ! イッパツ! イッパツ!」尽きることのない一発コール一一チトワンのアイドル・スターの誕生だった。
 みるみるうちにチトワンのトップ・スターになってゆく一発太郎。カセットは飛ぶように売れ、CMにはひっぱりだこ、「チトワンかくし芸大会」ではお習字をして優勝一一と大忙しの毎日。
 そんなとき、令子がチトワン王国にやってくる。靖男の心配症の母親が連れ戻すよう頼んだのだ。チトワンの街に足を踏みいれて不気味に思う令子。何しろ恋人の写真が巨大なポスターになっていて、テレビの生中継では靖男が「チトワン歌謡大賞」を受賞しているのだから一一。その受賞祝いに、アジア全土に広がるゴム王にして軍幹部・ヨーケンの屋敷に招かれる。するとナマ唾ものの美貌を持つヨーケンの妹・ムイに求婚されてしまう。テレビで歌う靖男の姿を見て、ひとめ惚れしたのだという。3兆ヤッホ(注=チトワン王国の通貨単位)の資産はニホン円にして900億円! 究極の〈逆タマ〉だ。
 靖男は迷う。ニホンに帰って就職をえらぶのか、このままアイドル・スターでいるのか。ムイと結婚し大富豪になるのか、令子との愛を選ぶのか一一。

COPYRIGHT(C) TOKYO DENEI CO.


GO TO TOP  

FILMOGRAPHY